ST35740 : オンパックス 足ぽかシート アウトレットセール 特集 8時間 25cm 10P 2482円,足ぽかシート,オンパックス,25cm,:,bonteiji.com,10P,ST35740,/aphetize5418693.html,ダイエット・健康 , 健康グッズ , カイロ , 使い捨てカイロ , 靴・靴下用タイプ,8時間,オンパックス 2482円 ST35740 : オンパックス オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P ダイエット・健康 健康グッズ カイロ 使い捨てカイロ 靴・靴下用タイプ 2482円 ST35740 : オンパックス オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P ダイエット・健康 健康グッズ カイロ 使い捨てカイロ 靴・靴下用タイプ ST35740 : オンパックス 足ぽかシート アウトレットセール 特集 8時間 25cm 10P 2482円,足ぽかシート,オンパックス,25cm,:,bonteiji.com,10P,ST35740,/aphetize5418693.html,ダイエット・健康 , 健康グッズ , カイロ , 使い捨てカイロ , 靴・靴下用タイプ,8時間,オンパックス

ST35740 : オンパックス 足ぽかシート アウトレットセール 特集 8時間 25cm AL完売しました。 10P

ST35740 : オンパックス オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P

2482円

ST35740 : オンパックス オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P









オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P

ブランドST35740
モデルST35740
商品説明【足うらまるごと しっかり温まる】靴の中に敷くだけで、冷える足もとをしっかり温めます。

【中敷タイプ】足に合わせた左右別形状なので、足もと全体をしっかり温めます。

【用途】使いすてカイロ くつ専用(くつに入れるタイプ)

【原産国】日本

商品サイズ(幅×奥行×高さ): 115mm×300mm×55mm

【内容量】10足入

【サイズ】 25cm

商品紹介

●靴の中に敷くだけで、冷える足もとをしっかり温めます。●足に合わせた左右別形状なので、足もと全体をしっかり温めます。●薄型で、違和感が少なく、歩きやすいです。●8時間タイプで足のサイズに合わせて選べる22cmと25cmの2サイズ。●鉱物系吸着剤と抗菌不織布で靴の中のニオイを抑えます。抗菌剤消臭剤配合 ブーツやスニーカーにもカラー ベージュ袋を開けると発熱が始まります。●最高温度 39℃●平均温度 35℃●持続時間 8時間(くつの中での使用を想定した測定値)表示の温度と時間は靴の中での使用を想定した測定値です。お客様の使用環境(気温や靴の種類等)に応じて若干の差異があります。

原材料・成分

鉄粉・水・活性炭・塩類・吸水性樹脂・木粉・ゼオライト

ST35740 : オンパックス オンパックス 足ぽかシート 8時間 25cm 10P

【静岡県藤枝市】 【ふるさと納税】うまみたっぷりのお茶の葉セット 【飲料類・お茶】
  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

    【送料無料】 女性の模造真珠クリスタルヘアサイドコーム花嫁かぶとヘアジュエリー
  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(2)】
2012年11月配信
1.マンガン乾電池
1866年に、ルクランシェが乾電池の先駆となるルクランシェ電池を発表しました。これは、素焼き筒の中に電解液を浸し、正極に二酸化マンガン、負極に亜鉛を用いたものでしたが、このルクランシェ電池の電解液を非流動化させ、日常使いやすいルクランシェ型マンガン乾電池の開発が19世紀末に世界で行われました。1880年代のほぼ同時期に日本の屋井先蔵、デンマークのヘレセンス、ドイツのガスナーらが開発を行い、これを乾電池と呼んだのです。
この電池は1880年代の後半から現代まで世界で大量に生産され使用されています。開発初期の正極には、天然産二酸化マンガン鉱石をそのまま粉砕して用いられましたが、現在は硫酸酸性硫酸マンガン水溶液から黒鉛アノード上に電気分解によって析出する電解二酸化マンガン(γ-MnO2)が使用されています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook